薄毛とDHA・EPA。「頭がよくなる」だけじゃないんだ!

DHA・EPAは青魚から

動脈硬化の予防や育毛にも良いとされるDHA・EPAをとらない理由は無いね!

以前から「頭がよくなる栄養素」として有名だったDHA・EPAが薄毛にも効果が期待できるようですよ!

しかも動脈硬化の予防にも良いということで、薄毛が本格的に気になり始める年代とも重なってくることから注目の栄養素じゃないですか?

スポンサーリンク

「おさかな天国」でDHA・EPAの名が知れ渡る

「おさかな天国」覚えていますか?スーパーとかでよく流れていましたよね。「さかな、さかな、さかな~、さかなを食べると~」って曲です。今でも使われているのでしょうか?

ジャケットのイラストは、あの酒井法子に依頼したんだそうです。イラストレーターや漫画家としても活動していたとは知りませんでした。

さて、「おさかな天国」で一躍有名になったDHAは「頭がよくなる栄養素」として知っている人がほとんどではないでしょうか。

DHA・EPAとは?

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」、EPAとは「エイコサペンタエン酸」のことで、青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸です。

または「オメガ3脂肪酸」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?不和脂肪酸はオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸と細かく分類することができます。

それぞれ、オメガ3脂肪酸はDHA、EPA、αリノレン酸、オメガ6脂肪酸はリノール酸、オメガ9脂肪酸はオレイン酸などからとることができます。

DHA・EPAは体内で作ることができないので、食品やサプリメントからとらないといけない栄養素です。

ややこしいですよね。自分でも混乱しちゃいましたもん。以前はDHAとしか言われていなかったものが不和脂肪酸とかオメガ3とか言われる場合があるようなので、情報として書いておくことにしました。

もし「オメガ3」や「αリノレン酸」という言葉を目にしたら、DHA・EPAと同じ効果が期待できると思い出してください。

薄毛とDHA・EPAの関係

DHA・EPAが血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすことで血液の流れを良くすると言われていますよね。また、血液をサラサラにするとも言われています。

悪玉コレステロールや中性脂肪というと、よく目にするのは動脈硬化の原因になるという情報です。血管中の内側に脂肪がたまって血管が詰まってしまうというやつです。血液がドロドロであれば余計に詰まりやすいでしょう。

なんか、聞き覚えのある言葉が出ましたね。血液の流れを良くするって、髪の毛の成長は、結局ここに行きつくのでしょうか。

参考:
薄毛とゴマ。血液サラサラだけじゃなかった!
育毛とオリーブオイル。効果があるってウソ!?その真実とは?

DHA・EPAが多く含まれている食品は?

上にも書いたように、不飽和脂肪酸であるDHA・EPAは人間にとって必要な栄養素なのに、体内で作ることができません。

1日の摂取量は1,000mgが理想とされています。どんな食品を食べたらよいのでしょうか?

DHAを多く含んでいる食品

本まぐろ:2,877mg
まだい:1,830mg
ぶり:1,785mg
さば:1,781mg
さんま:1,398mg
まいわし:1,136mg

EPAを多く含んでいる食品

本まぐろ:1,972mg
まいわし:1,381mg
さば:1,214mg
まだい:1,085mg

青魚ですね。年齢を重ねると肉より魚に好みが移るとも言いますし、ちょうど良いじゃないですか。積極的に青魚を食べるようにしてはどうでしょう。

魚嫌いの人には酷ですよね

どうしても魚が嫌いだという人もいます。その場合はどうしたらよいでしょうか?

身体の中でDHAを作るというのはどうでしょう。「魚嫌い?ならエゴマ油かチアシードだね」にあるように、αリノレン酸から1割程度のDHAを作ることができるそうです。

Wikipediaによると、変換される割合は1割程度だそうです。

髪の毛のために魚嫌いを克服するのもきっかけと一つかもしれませんが、無理なら魚以外から取り入れることを考えてみてはどうでしょうか。

不足した分はサプリメントで補う

そうは言うものの、毎日魚を食べている人はどれだけいるでしょうか。

骨があって食べづらいとかの理由もあるし、食事の欧米化とかもあるし、単純に「肉が好き!」といった理由かもしれません。魚を食べない日もそれなりにあるのではないでしょうか?

DHA・EPAが含まれている食品は魚介類だけでは無いとは言っても不足する日もあるかと思います。そんなときはサプリメントに頼っても良いじゃないですか。

認知度から、人気があるのはネイチャーメイドの商品です。こちらは1日あたり4粒でDHAが27mg、EPAが40mgとることができます。

でもおすすめはこちら。120粒入りは入荷待ちになるほどの人気です。1ソフトジェルでDHAが275mg、EPAが687mgとネイチャーメイドより多くとることができます

摂り方としては1回1ソフトジェルを1日2回です。

まとめ買いするほどに割引額が大きくなるところも魅力です。


アークティクピュア・オメガ3フィッシュオイル(Omega3)

スポンサーリンク

関連記事

薄毛とブロッコリースプラウト。髪の毛に新芽の成長力が効果ある?

ブロッコリースプラウトのエキスが髪に良いという研究結果 ブロッコリースプラウト、つまりブロッコ

記事を読む

魚嫌い?ならエゴマ油かチアシードだね

Photo by Cherrysweetdeal [/caption] 毎日魚を食べるより、

記事を読む

薄毛とビオチン。ビオチンに期待したい2つのこと

薄毛の細い髪が太くなれば、薄毛は改善される。その期待はビオチンに! ビオチンは血行を良くする働

記事を読む

40代男性「亜鉛を摂取すると抜け毛を防げますか?」

頭髪問題は、男の切実な悩み こんな質問を見つけました。「“亜鉛は育毛のための成分として欠かせな

記事を読む

薄毛とかぼちゃ。種も食べたら美味かった!

美味しい薄毛対策しませんか?簡単に作れるレシピ載せました かぼちゃは果肉を食べるだけでなく、ワ

記事を読む

薄毛とわかめ。増える、黒くなる、まだ信じている人がいるの?

それでも海藻類には栄養がいっぱい 小学生の頃、こう言い聞かされてました。 「いまのうちか

記事を読む

育毛とオリーブオイル。効果があるってウソ!?その真実とは?

髪の毛がオリーブオイルに期待できる効果はこれ! よく耳にする「オリーブオイルが髪に良い」という

記事を読む

薄毛とカルシウム。頭皮正常、栄養十分、なのに抜け毛が続く?

イライラが抜け毛につながる仕組みとは? これまでカルシウムと髪の毛には、それほど深い関係がある

記事を読む

薄毛とゴマ。血液サラサラだけじゃなかった!

万能選手過ぎるゴマは不老長寿の薬とも ゴマは「何だか知らないけれど体に良いらしい」ということで

記事を読む

薄毛とにんにく。育毛と筋肉アップのW効果を狙う

にんにくを食べるとテストステロン(男性ホルモン)が増加して髪の毛が増えるらしいですが、本当でしょ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑